生理用品

ピルの怖い副作用と対処法

避妊の対処法や、月経周期のコントロールにも利用されるピルには、副作用という面ももっています。
全員に副作用があらわれるとは限りませんが、服用することでの副作用は考えられることです。
いくつかのパターンがありますから、ピルを服用するに際して、知っておくと良いでしょう。

ピルの副作用として最もあらわれやすいのが、吐き気を伴うことです。
初めての無人などは、服用してから2ヶ月くらいのあいだに感じやすい症状です。
対処法としては、継続して飲み続けることで、次第に体が慣れてきて、吐き気も感じなくなります。

吐き気への対処ですが、お腹がすいているときや、朝の時間には薬を飲まないことです。
夜の食事を終えたあととか、眠る前に服用したほうが良いです。
吐き気がひどくなって、生活自体に支障が出るようであれば、病院で相談をしましょう。
エストロゲンが原因であれば、その量の配合が少ないタイプに切り替えてもらうことです。

ピルの怖い副作用として、不正出血が起こることもあります。
毎月の生理みたいに、たくさん出血するのとは違い、軽くにじむ程度の出血量です。
薬を服用し始めに起こりやすい症状です。
排出しきれない子宮膜が出てくるためと考えられています。

不正出血の対処法としては、毎日同じ時間に服用して、飲み忘れをしないことです。
正しいリズムで飲み続けることによって、不正出血は起こらなくなっていきます。
しかし、何ヶ月も出血が続くときには、産婦人科などを受診することです。

ピルの副作用として、頭痛が起こるケースもあります。
服用を始めて間もない頃に感じやすいです。
対処法としては、ゆっくり休むか、市販の頭痛薬を飲んで対処します。
痛みがそれで和らげば、心配はありません。

意外な副作用の対処法をご紹介

そもそも副作用の少ないピルを使用すればよいのではないでしょうか。
低用量ピルなら副作用が少なく体に負担をかけません。
ヤスミンという低用量ピルなら吐き気や不正出血といった副作用の心配が軽いと言われています。
副作用が起こりにくいヤスミンを通販で購入してみてはいかがでしょうか。

Latest Post