基礎体温計と表

基礎体温法だけでは危険な避妊もピルなら安全性が高い

女性の体はとてもデリケートで、妊娠をするタイミングというものもあります。
自分を大事にするために、避妊についての正しい基礎知識もつけておくことです。
基礎体温法では、基礎体温によって妊娠しやすい期間を知るという手段になります。
しかし基礎体温法は危険な面も持っていて、精密なものとは限りません。
基礎体温法だけに頼って、安易に安心感を持つのは危険です。
妊娠は後戻りできませんから、危険な安易な判断に流されないよう、避妊をするためにはその対策をとることです。

基礎体温をはかるという方法は、毎日体温をはかり、妊娠しやすい時期を知るという手段です。
ただ基礎体温をはかるのみですから、これといった副作用がありません。
ただ、基礎体温を測る方法は簡単ではありますが、避妊効果としては低いものと言えます。
そのため、確実に避妊をするためには、ほかの避妊方法も取り入れる必要性が出てきます。

排卵の前後辺りは、妊娠しにくいと言われてはいますが、基礎体温だけはかれば、妊娠しないわけではありません。
正確な使用方法を守ることによって、確率にして99%の避妊効果を発揮するのが、専門のお薬によるものです。
それがピルの存在であり、この他にも子宮内避妊用具などもあります。
これに加えて、コンドームを一緒に使用するのがベストな避妊の方法です。

避妊する方法には、ピルを女性が服用する方法があります。
毎日同じ時間になったらピルを飲んで、女性モルモンに働きかけます。
女性ホルモンへの作用によって、排卵はお休みになります。
ピルはとても、避妊効果の高い方法として知られています。
避妊を目的としていますが、子宮内膜症の治療であったり、生理が不順な人にも治療として利用されます。

Latest Post